小型風力発電設備建設工事の様子

  • 2017.06.29 Thursday
  • 10:00

 

 

※今回のブログは、長文となりますが是非ご一読頂きたい内容です※

 

 

   先日、唐津にて建設中の小型風力発電設備の建設現場にお邪魔しました。

   こちらは株式会社日本環境テクノ様が建設中のものです。

   同社のご厚意により、工事見学に関してご快諾頂き感謝しております。

 

   今回、設置された風車はアイルランドC&F社製のCF20JAPAN

   弊社でもお客様より問い合わせ頂き、設置計画を進めている機種です。

 

   事前に基礎工事は完了していた為、この日はタワー(柱)とナセル(風車

   本体)の組立です。

   CF20JAPANは可倒式風車と呼ばれ、組立やメンテナンスは風車を

   倒した状態で行われます。

 

   まずは基礎部分に1段目タワーを取付けます。

 

   小型風力といっても高さ27mほどになる為、組立はクレーンを使っての

   作業となります。

 

   つぎに2段目のタワーを接続します。

 

   タワー各段は差込み式の為、ユンボにて圧入!

 

   差込み深さが十分かチェックしております。

 

   全4段のタワーを接続した様子。

なんとなく大砲みたいです!

 

   このあと制御装置の据え付けとナセルの組立を並行して行います。

 

   パワコン据付。

 

   パワコンにプレハブ小屋を被せます。

脱出マジックのよう!

 

   制御室らしくなりました。

 

   一方でナセルの組立です。

   ナセルを倒立させた状態でタワー近くへ運びます。

 

   このときナセルから出ている電力ケーブル、通信ケーブル、アースをタワー

   に通していきます。

 

   タワー下部ではケーブルを「エイヤー!」と引っ張ってます。

 

   ナセルとタワーの間にケーブルを挟まないよう、慎重にナセルを運び・・・

 

   合体!

 

   ローターヘッドにブレードを取付けます。

 

   全3枚のブレード装着完了!

 

   さてこれからが可倒式風車のメインイベント。

   油圧ジャッキにて風車を立てます。

 

   油圧システム本体。

   こちらからジャッキへ油が送られます。

 

   タワー下部に取り付けた油圧ジャッキ。このジャッキが伸びて、風車が立っ

   ていきます。

 

   油圧でグングンと・・・

 

   グングンと・・・

 

   立った!クララが(笑)・・・ではなく、風車が立ったよ!!

 

   風車が立っていく様を見ていると、なにか感動するものがありました。

   動画で撮っておけばよかった(汗)

 

   この日の作業はここまで。

   翌日、制御装置の接続・調整をして運転開始とのことでした。

 

   出力20kW未満のものを小型風力と呼びますが、太陽光発電100kW

   相当の売電が見込めるため、現在お問合せを多数いただいております。

   (風力は太陽光よりも売電単価が高い上、夜も稼動するというメリットが

   あります)

 

   風況や周辺環境の調査など、太陽光発電より専門知識が必要な分、我々も

   お客様のご期待にお応えできるよう精一杯頑張ります。

 

 

 

                           建設事業部 宮

小型風力発電 進捗状況

  • 2016.11.14 Monday
  • 07:05


 
8月にお伝えしましたライムイシモトの小型風力発電事業ですが、皆様に

                   販売するためにはまず我々がやってみなくては!
 
                      ということで土地探しから始めました。
 
                  風力発電で一番大事なことは 風が強く吹く土地!
 
                                  もうこれに限ります。
 
いくつか候補がありましたが、我々が選んだ場所は松浦市の海近くの某所。
 
           
     
       ※他社の風力発電が設置してありますが、これは撤去予定です。
 
 
                              ここの風は良いですよ〜
 
 風況マップでも年平均 6.5m/S〜7.0m/S の風速が期待できる場所です。
 
                     この最高な場所に設置予定の風車は、

 

           アイルランド C&F Green Enegy 社の CF20 という

                                        水平式軸型風車です。
 
 
                    
 
 
   特徴は
 
CF20上部に設置されている風向・風速計が本体に搭載されている制御装置に

接続されており、タービンが最適な風向きに追随。
 
また『アクティブ・ブレード・ピッチ』と呼ばれる、風車の翼の迎角が風速に対し

常に最適な角度に自動制御し、微風から強風まで自動迎角制御をすることで優れた

出力を実現。
 
支柱は自立式油圧シリンダーでの可倒式なのでメンテナンスも容易で、

C&F アイルランド本社のモニタリング・データセンターで24時間365日遠隔監視、

またオーナー様もインターネットで発電状況を確認することが可能です。
 
 
ライム小型風力発電(LIME WIND)は来年春頃の稼働になりそうです♪
 
 
ちなみに年平均風速が6.5m/S場合の年間予想売電価格は、
 
年間予想発電量 ・・・ 68,731kwh
 
売電単価 ・・・ 55円(H28年度単価)
 
年間予想売電金額 ・・・ 378万円
 
20年間予想売電金額 ・・・ 7560万円
 
 
太陽光発電の売電単価が24円まで下がっているなか、これはすごく魅力的な

事業ですね。
 
今のところ来年度以降も売電単価が大きく下がることはないだろうと言われて

ますし、決まった売電単価は3年間続くようになりますので今まで以上に計画も

立てやすくなります。
 
しかしまだまだこれからの事業ですので、不安に思われるお客様も多いはず。
 
ライムイシモトではお客様に安心して活用いただけるWINDローン及び

総合補償保険を準備中です。
 
風力発電に適した風具合の良い土地も鋭意調査中です。
 
 
            こんな所や
 
            
 
 
            こんなところ
 
 
            
 
 
                皆さんに良い情報をお届けできるよう頑張ります!
 
                これからの LIME WIND にご期待ください!
 
 
                            もちろん LIME Soler も!
 
 
 電気システム課 古賀
 
 
 

小型風力発電システム設置計画を 開始しました!

  • 2016.08.01 Monday
  • 09:29

 

 


本日は小型風力発電のご説明をさせていただきます。
 
小型風力発電 低圧20kw未満のFITの調達価格は 55円/kwh+税、調達期間は20年と
なっており、他の再生可能エネルギーの中でも段違いに高く設定されております。
 
産業用太陽光発電10kwh以上の調達価格が 24円/kwhとなっている今、最も注目すべき
投資設備なのです!
 

  
 
 
 
    風力発電のメリットとして、太陽光発電に比べ
 
        1)調達価格が高い

        2)24時間発電する
 
        3)狭い土地でも設置可能
 
        4)連系負担金が安い
 
        5)20年後の買取期間終了後の設備の撤去費用が安い
 
細かい説明をすると長くなりますので割愛いたしますが、太陽光発電での問題点を全て

解決しているようにも思えます。
 
 
    しかしながらデメリットももちろんあります。
 
       1)設置場所の選定が難しい(風況の良い場所)
 
       2)住宅地には設置できない
 
       3)定期的なメンテナンスが必要

 
 
なかでも土地の問題が一番でしょうか。太陽光と違い、風は目に見えないし、季節ごとに

風向や強さが変動します。
 
なので風力発電に適した土地探しが設置に置いて一番重要になるわけです。
 
長崎県では県北地域と呼ばれる平戸市、松浦市などが適している場所といえます。もちろん

離島も良い風が吹きますね。
 
 ライムイシモトでは2つのメーカーの風力発電を取り扱っております。


 
 まずはアメリカ製の XZERES (エグザラス)
 
    
 
 
    製品名 : XZERES 442SR
 
    基準出力 : 10.4kw
 
    ローター直径 : 7.19m
 
    ハブ高さ : 18m
 
    6.5mm/s時の年間予想発電量 : 29,293kwh
 
 
 次にアイルランド製の C&F
 
  
  
 
    製品名 : CF20
 
    基準出力 : 19.5kw
 
    ローター直径 : 13.1m
 
    ハブ高さ : 20m
 
    6.5mm/s時の年間予想発電量 : 75,200kwh
  
 
どちらとも油圧シリンダーでの可倒式になっておりメンテナンスも簡単にできるように
なっております。
 
ご予算や風況などに応じて対応させていただきますので、興味がある方はご連絡ください。
 
土地もご紹介できますよ。
 
 

                                                                                        電気システム課  馬場
 
 
 
 
    

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

正社員募集

建設現場管理者・建築板金工及び見習工を募集しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM