太陽光発電 売電優先から自家消費・蓄電へ!

  • 2019.03.18 Monday
  • 08:00

 

 

 

  太陽光発電による売電の単価は、経済産業省が定める「固定価格

  買取制度」によって決められております。

 

  いわゆる住宅用(出力10kWh未満)のものに絞って話をすると

  運転開始した年度の買取価格が10年間続き、この制度が始まった

  2012年度は42円/kWh

  2019年度は26円/kWh出力制御義務あり=九州電力管内

  の買取価格となっております。

 

  固定価格買取制度が始まる以前は、2009年度から「余剰電力

  買取制度」が適用されており、なかには48円/kWhという非常

  に高い金額で売電しているご家庭もあります。

 

  買取価格だけを見れば年々下がっており、太陽光発電による売電

  収入が少なくなっている印象ですが、太陽光発電システムの設置

  費用が大幅に下がっており、10年間の収支は現在のほうが断然

  見込みがあり、現に住宅用太陽光に関して、非常に多くのお問い

  合せをいただいております。

 

  以前は売電価格が高めに設定されていたため、「より多く売電し

  たい」とのご要望が多く、住宅用のものでも10kW近くのパネ

  ルを載せるお宅も多くありました。

 

  最近では、売電価格と買電価格がほぼ同じとなってきているため、

  なるべく初期投資を抑え、「自家消費分の電力をまかなってくれ

  ればよい」との考えのお宅も増えてきております。

 

  家庭用蓄電池の普及により、太陽光発電の余剰電力の売電より、

  「蓄電池に貯め、夜間に使用したい」という考えの方もいらっ

  しゃいます。

 

  また、2009年度以前に設置された太陽光発電は 「余剰買取

  価格制度」適用時を運転開始とみなされ、2019年にはそれら

  のうち住宅用のものが、 一旦電力会社との売電契約が終了し、

  以降は安価な買取価格での再契約となる見通しのため、 蓄電池

  設置により余剰電力を売電せず、ご自宅で有効活用しようという

  動きが活発です。

 

        

 

  現在、家庭用蓄電池の容量は4kWh〜12kWhが主流ですが、

  容量が大きければよいというものではありません。

 

  理想的な使用方法は、一日のうちで「効率のよい充電」と「十分

  な放電」をさせてやることです。

 

  家族構成、在宅時間、消費電力が多くなる時間帯、 現在の電気

  使用量など多くの要因により、おすすめする蓄電池の容量は変わ

  ります。

 

        

 

  太陽光発電もさることながら家庭用蓄電池の設置は、まずは当社

  にお問合せいただけたらと思います。

 

 

お客様ごとに最適なプランをご提案致します。

 

 

電気システム課 宮

 

 

 

 

 

 

 

お急ぎください!

  • 2018.10.29 Monday
  • 08:00

 

 

 

  朝晩肌寒くなりはじめ、今年も太陽光発電の今年度売電価格の申し込み締切の時期が

  やってまいりました。

 

  平成30年度の九州電力管轄内の売電単価は

 

  住宅用(10kw未満) 28円/kwh

  産業用(10kw以上) 18円/kwh(税別)

  となっております。

 

  この売電単価を確保するためには、九州電力への申込期限が

 

  住 宅 用(10kw未満):平成30年11月16日(金)

  低圧産業用(10kw以上50kw未満:平成30年11月30日(金)

  となっております。

 

  また資源エネルギー庁への申請期限は、平成31年1月11日(金)までです。

  まずは九州電力への申し込みが必須となりますので、ご検討中のお客様は早めのご連絡

  をお願い致します!

 

  次に、住宅用太陽光発電を10年以上設置しておられる方にお知らせです。

 

  パネルは問題ないのにパワーコンディショナーが故障していたり、出力がかなり低下し

  ていたりしませんか?

  10年以上前に設置した設備のほとんどは製品10年保証だったものが多く、既に保証

  期間が過ぎており、修理も有償となる場合がほとんどかと思われます。

 

  そんな皆様にニチコンの『ハイブリッド蓄電全負荷システム』のご提案です!

 

  

 

  この場合のハイブリッドとは、蓄電システム本体に太陽光発電用のパワコンを内蔵して

  いるという事です。

 

  これにより幅広いメーカーの太陽光発電システムに蓄電池を搭載できるようになりました!

  しかも全負荷タイプなので、エアコンやIHクッキングヒーター等の200V機器にも

  対応しているので、安心してお使いいただけます。

  注)200V機器は電気消費量が大きいので蓄電池の使用可能時間は短くなります。

 

  FIT開始以前から、太陽光発電を設置のお客様に最適な商品です♪

 

  電力の自給自足を目指して、本当のエコライフを始めてみませんか?

 

                                   電気システム課 古賀

 

 

 

 

 

太陽光発電システム・・・設置工事は急がずに

  • 2018.10.15 Monday
  • 08:00

 

 

   このところ、新規のお客様よりお問い合わせをいただき、ご自宅へ

 

   訪問させていただいた際に非常に気になる事をお聞きしました。

 

   それは、訪問販売などで来た業者さんが「発電開始までに数ヶ月掛

 

   かること」を詳しく告げず、設置工事を急がせようとすること!

 

   あとキャンペーン価格などと銘打ち「今月中に工事させていただけ

 

   たら、あと5万円お値引きします!」等と謳う会社もあるそうです。

 

 

   太陽光発電設置工事の流れとしては、

 

「お申込み(ご契約)」

「経済産業省事業認定の申請、電力会社への太陽光接続の申込み」

「経済産業省事業認定の審査完了、電力会社の接続承認」

「太陽光発電システム設置工事」

「発電開始」となります。

 

   設置工事に関しては、どのタイミングでやらなければならないなど

 

   の法的な縛りはありませんが、「電力会社の接続承認」および「経

 

   済産業省事業認定の審査」が完了しなければ、発電を開始すること

 

   はできません!!

 

   ここでご注意いただきたい点は、設置工事から発電開始までの期間

 

   が長ければ長いほど、太陽光発電システムに係わる自然災害補償が

 

   問題となってくることです。

 

   現在「電力会社の接続承認」は1~2ヶ月ほどで下りますが、「経

 

   済産業省事業認定の審査」~5ヶ月ほど時間が掛かっています。

 

   各メーカーが設定している自然災害補償は、発電開始日からの補償

 

   適用となるため、設置工事を早々と済ませたにも関わらず、発電開

 

   始までに相当時間を要する場合、何も補償の掛かっていない太陽光

 

   パネルが数ヶ月間屋根の上に存在することになります。

 

   万が一その間に自然災害等でパネルに損傷が起こった場合、買主

 

  =お客様)のご負担となる恐れがあります!

 

   弊社のように工事賠償責任保険に加入していれば、そういったケー

 

   スでもカバーできますが、設置工事を急がせる業者さんがそこまで

 

   配慮しているか疑問に思うこともございます。

 

   特に今年は、強い勢力の台風がいくつも上陸しました。

 

   まだ補償の適用が開始されていないパネルの破損などのトラブルは、

 

   必ず起きているものと想像します。

 

<小石の飛来にて損傷したパネルです>

 

   こういったトラブルを避けるためにも弊社では、申請関係がすべて

 

   クリアーとなり、発電開始の許可が下りてから設置工事を行います。

 

   これから太陽光発電システムの設置をご検討されるお客様には、工

 

   事の着手および発電開始までには時間が掛かるものとご理解いただ

 

   けたらと思います。

 

                       電気システム課 宮

 

 

 

 

 

 

太陽光発電設置経過報告!!

  • 2018.09.25 Tuesday
  • 08:00

 

 

自宅に太陽光発電を設置して2ヶ月になります!

 

9.9kwを東西2面の屋根に分けて設置しました。

 

 

毎日、日の出から日没までコツコツと発電してくれています。

 

先月は、消費分が(電気購入)が402kwh!

 

売電分が1,101kwhでした!

 

 

子供たちも夏休みの家庭科の宿題に電力の消費を調べたりしていました。

 

環境資源にもやさしく、貢献できているようです。

 

また、モニターで発電の記録が分かるので、楽しみも増えました!

 

 

年間を通しての我が家の発電状況は、追って報告出来ればと思います。

 

                                             営業部 西山

 

 

 

 

 

某事務所新築太陽光発電設備設置工事

  • 2018.07.09 Monday
  • 08:00

 

 

        先週、太陽光発電設備のモジュール取付が終わりました。

 

        仕様・メーカー  三菱電機製 270w×58枚  15.66kw

        設置形態     コンクリート陸屋根設置

    

 

コンクリート基礎に太陽光発電用架台の組立状況

 

 

 

太陽電池モジュール取付状況

 

 

    発電設備区分としましては、10kw以上50kw未満の余剰売電契約になります。

    売電形態は、1kw/18円の売電で20年間契約になります。

    年間の電気代を全てカバーし、余剰売電がかなり期待できます。

    将来蓄電池を組合せて、電気自動車用の充電システムとしても活用できます。

 

 

    広い屋根をお持ちの方または、電気を多く使われている工場など、

    まだまだ太陽光発電が活躍できます。

 

 

是非ご検討いただき 弊社へご相談お待ちしてます。

 

                                建設事業部 電気システム課 馬場

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

正社員募集

建設現場管理者・建築板金工及び見習工を募集しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM