2019年度 太陽光発電 申込期限迫る!

  • 2019.09.09 Monday
  • 08:00

 

 

   8月から9月にかけて雨の日が続きますね!

   太陽光発電を設置の方は、やきもきされているのではないでしょうか。

   太陽が待ち遠しいです!

 

   九州電力と資源エネルギー庁から今年度の売電価格適用の申請期限が

   発表されました。

 

  【九州電力】

   低圧太陽光発電(10kw以上の場合):2019年10月18日(金)

   低圧太陽光発電(10kw未満の場合):2019年11月15日(金)

 

  【資源エネルギー庁】

   低圧太陽光発電(10kw以上の場合):2019年12月20日(金)

   低圧太陽光発電(10kw未満の場合):2020年 1月10日(金)

 

   ※高圧太陽光発電(50kw以上の場合)はもう厳しい状況です。

 

   申請の流れとしては、九州電力への申請・契約後に資源エネルギー庁

   の申請・認定となりますので、

 

   産業用は10月18日

   住宅用は11月15日 が締め切りとなります。

 

         太陽光発電をご検討の方はお急ぎください!

 

 

   また、10月末に住宅用太陽光発電の売電期間10年の満了を迎えられる

   方々が関心を持ってらっしゃるのが『蓄電池!』

 

   今まで48円で売れていた電気が7円(九州電力)でしか売れなくなって

   しまいます。

 

   それならば高い電気料金を支払うより、蓄電して自家消費する方がお得で

   エコじゃないかという事です。

 

   各メーカー多種多様な蓄電池を販売しております。

 

   蓄電池は10・15年の保証が付いてくる長期のお付き合いになる商品と

   なります。太陽光発電と同じく、購入する会社もしっかり検討していただ

   きたく存じます。

 

           ライムイシモトは創業より85年!

           今までも、これからもお客様と共に。

 

   建設事業部 古賀

 

 

 

 

 

 

太陽光発電設置 経過報告Part2

  • 2019.07.29 Monday
  • 08:00

 

 

   昨年の7月28日から太陽光発電が稼働してちょうど1年を迎えます。

 

   見積りの時に収支表を作成してもらい、発電量や消費量、売電量を想定

 

   してもらいました。

 

   年間の予想売電量11,826kWhに対して、

     実際の売電量11,625kWh!!

 

   春・夏・秋・冬と気象条件がカギとなりますが、 予想との差はほとんど

 

   無く、年間の消費量も分かったので、まだ先の話になりますが今後は家庭

 

   用蓄電池を設置して、昼間の発電量を貯め、夜間に消費できるようにした

 

   いと思います。

 

        

 

   営業部 西山

 

 

 

 

 

 

平成最終月の太陽光発電設置!

  • 2019.04.08 Monday
  • 08:00

 

 

 

  4月に入り、 長崎は春らしい天気が続き、 太陽光発電は気持ちよく発電

  しています!平成最後の月で、新年度最初の太陽光発電の設置報告です。

 

  今回のお客様は、諫早市の老舗お菓子屋さんです。

 

  まずは店舗の屋根上に...

 

       

 

       

 

       屋 根 材:アスファルトシングル葺き

       モジュール:カナディアン・ソーラー

              CS1K−260MS 6.24kw

 

  これは、カナディアン・ソーラーの最新モデルのモジュールを使用した、

  住宅向けパッケージ『PLATINAM(プラチナム)』という商品です。

 

  すっきりしたデザインと最高レベルの出力を兼ね備えています。

 

  また『PLATINAM』には点検チケットが無償付帯されており、太陽光発電

  システム保証開始1年後に、メーカー自らがシステムを無償で点検すると

  いう安心のパッケージです。

 

  続いて、お菓子屋さんの自宅倉庫への設置です。

 

       

 

       

 

        上屋根材:ガルバリウム鋼板 鉄板小波葺き

        下屋根材:平板スレート葺き

       モジュール:カナディアン・ソーラー

              CS6A−240MS 7.68kw

 

  上屋根の鉄板小波屋根には、既製品の金具では取り付け出来ませんので、

  弊社お得意の自社加工による架台での設置となりました。

  弊社の加工技術の見せ所です!

 

  下屋根は元々セメント瓦だったのですが、劣化も見られた為、平板スレート

  に葺き替えての設置となりました。

 

  太陽光発電は、長い期間の設置となりますので、古い屋根に無理して設置

  せず、太陽光発電の工事に合わせて葺き替える方が望ましいですね。

 

  屋根への太陽光発電設置は、電気工事ではなく『屋根工事』です。

 

       

 

       

 

  雨漏りをさせないのはもちろんですが、雨水が浸入した場合の原因の特定

  は素人では難しく、長年の経験による豊富な知識が必要となります。

 

  太陽光発電をご検討の際は金額だけではなく、その会社の技術力も判断

  材料としていただければ幸いでございます。

 

  今年創業85年を迎えるライムイシモトは、 お客様に安心・安全の工事を

  お届けいたします。

 

  もちろん蓄電池のご相談も絶賛受付中です♪

 

  建設事業部 古賀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光発電 売電優先から自家消費・蓄電へ!

  • 2019.03.18 Monday
  • 08:00

 

 

 

  太陽光発電による売電の単価は、経済産業省が定める「固定価格

  買取制度」によって決められております。

 

  いわゆる住宅用(出力10kWh未満)のものに絞って話をすると

  運転開始した年度の買取価格が10年間続き、この制度が始まった

  2012年度は42円/kWh

  2019年度は26円/kWh出力制御義務あり=九州電力管内

  の買取価格となっております。

 

  固定価格買取制度が始まる以前は、2009年度から「余剰電力

  買取制度」が適用されており、なかには48円/kWhという非常

  に高い金額で売電しているご家庭もあります。

 

  買取価格だけを見れば年々下がっており、太陽光発電による売電

  収入が少なくなっている印象ですが、太陽光発電システムの設置

  費用が大幅に下がっており、10年間の収支は現在のほうが断然

  見込みがあり、現に住宅用太陽光に関して、非常に多くのお問い

  合せをいただいております。

 

  以前は売電価格が高めに設定されていたため、「より多く売電し

  たい」とのご要望が多く、住宅用のものでも10kW近くのパネ

  ルを載せるお宅も多くありました。

 

  最近では、売電価格と買電価格がほぼ同じとなってきているため、

  なるべく初期投資を抑え、「自家消費分の電力をまかなってくれ

  ればよい」との考えのお宅も増えてきております。

 

  家庭用蓄電池の普及により、太陽光発電の余剰電力の売電より、

  「蓄電池に貯め、夜間に使用したい」という考えの方もいらっ

  しゃいます。

 

  また、2009年度以前に設置された太陽光発電は 「余剰買取

  価格制度」適用時を運転開始とみなされ、2019年にはそれら

  のうち住宅用のものが、 一旦電力会社との売電契約が終了し、

  以降は安価な買取価格での再契約となる見通しのため、 蓄電池

  設置により余剰電力を売電せず、ご自宅で有効活用しようという

  動きが活発です。

 

        

 

  現在、家庭用蓄電池の容量は4kWh〜12kWhが主流ですが、

  容量が大きければよいというものではありません。

 

  理想的な使用方法は、一日のうちで「効率のよい充電」と「十分

  な放電」をさせてやることです。

 

  家族構成、在宅時間、消費電力が多くなる時間帯、 現在の電気

  使用量など多くの要因により、おすすめする蓄電池の容量は変わ

  ります。

 

        

 

  太陽光発電もさることながら家庭用蓄電池の設置は、まずは当社

  にお問合せいただけたらと思います。

 

 

お客様ごとに最適なプランをご提案致します。

 

 

電気システム課 宮

 

 

 

 

 

 

 

お急ぎください!

  • 2018.10.29 Monday
  • 08:00

 

 

 

  朝晩肌寒くなりはじめ、今年も太陽光発電の今年度売電価格の申し込み締切の時期が

  やってまいりました。

 

  平成30年度の九州電力管轄内の売電単価は

 

  住宅用(10kw未満) 28円/kwh

  産業用(10kw以上) 18円/kwh(税別)

  となっております。

 

  この売電単価を確保するためには、九州電力への申込期限が

 

  住 宅 用(10kw未満):平成30年11月16日(金)

  低圧産業用(10kw以上50kw未満:平成30年11月30日(金)

  となっております。

 

  また資源エネルギー庁への申請期限は、平成31年1月11日(金)までです。

  まずは九州電力への申し込みが必須となりますので、ご検討中のお客様は早めのご連絡

  をお願い致します!

 

  次に、住宅用太陽光発電を10年以上設置しておられる方にお知らせです。

 

  パネルは問題ないのにパワーコンディショナーが故障していたり、出力がかなり低下し

  ていたりしませんか?

  10年以上前に設置した設備のほとんどは製品10年保証だったものが多く、既に保証

  期間が過ぎており、修理も有償となる場合がほとんどかと思われます。

 

  そんな皆様にニチコンの『ハイブリッド蓄電全負荷システム』のご提案です!

 

  

 

  この場合のハイブリッドとは、蓄電システム本体に太陽光発電用のパワコンを内蔵して

  いるという事です。

 

  これにより幅広いメーカーの太陽光発電システムに蓄電池を搭載できるようになりました!

  しかも全負荷タイプなので、エアコンやIHクッキングヒーター等の200V機器にも

  対応しているので、安心してお使いいただけます。

  注)200V機器は電気消費量が大きいので蓄電池の使用可能時間は短くなります。

 

  FIT開始以前から、太陽光発電を設置のお客様に最適な商品です♪

 

  電力の自給自足を目指して、本当のエコライフを始めてみませんか?

 

                                   電気システム課 古賀

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

正社員募集

建設現場管理者・建築板金工及び見習工を募集しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM