ハイブリッド蓄電システム

  • 2016.06.27 Monday
  • 07:29


6/20、ソーラーフロンティアが開催した『オムロン製ハイブリッド蓄電システム製品説明会』
に出席してきました。
 
                             

ハイブリッドというと車でお馴染みですが、ハイブリッド車とはガソリンで動くエンジンと電気で
動くモーターの2つの動力をもっているものいいます。
 
従来の家庭用蓄電システムは、太陽光発電で発電したDC電気(直流電気)を太陽光発電発電用
パワコンでAC電気(交流電気)に変換し、それを主分電盤を介し蓄電用パワコンを通して、
再びDC電気に変換して蓄電池に蓄電するというもので、大変ロスがあるシステムでした。
 
これに対しハイブリッド蓄電システムとは、太陽光発電で発電したDC電気をハイブリッドパワコン
+DC/DCコンバーターを通すだけで蓄電池にDC電気を蓄電することができる非常に高効率な
蓄電システムです。
 
つまり従来システムは太陽光発電用パワコンと蓄電用パワコンの2台が必要だったのですが、
ハイブリッド蓄電システムはハイブリッドパワコン1台で太陽光発電パネルと蓄電池の2つの管理が
可能なシステムなんです。
 
まず言っておかなければならないのは、この新しい蓄電システムでさえも皆さんが太陽光発電で思われる
『 元を取る 』 という経済効果は期待できません。

 
蓄電池を設置するメリットは
 
1.災害に強い家にする。
2.自分の家で作った電気を蓄え、使い、電力会社からの購入を極力控え、電力料金の高騰に左右されない
3.ご自宅をスマートハウス化し、電気の使用量を抑える。
以上でしかありません。
九州地方では最近の大雨で停電が頻発しているようです。そんな時ハイブリッド蓄電池を導入していれば
停電後5秒後に蓄電池の電気に自動的に切り替わりますので不安な夜を過ごさずにすみます。
 
小さいお子さんいらっしゃるご家庭や高齢の方だけのお住いなどにオススメですね。
また東日本大震災後、九州電力でも電気料金が上がっており今後も上がっていく可能性があります。高い
電気料金を払い続けるなら、電気は自給自足で、不足の電気だけ電力会社から購入するということも考えら
れてはいかがでしょうか。
 
最後に、最近気になっている方もいらっしゃるであろう 『 スマートハウス 』
これはHEMS(ヘムス:ホームエネルギーマネージメントシステム)を活用し家庭での電気機器をつないで
エネルギー使用状況を 『 見える化 』 して電気の無駄遣いを無くし快適に節電をしようというものです。
 
将来的には対応家電機器を導入すると家電の使用を 『 自動制御 』 することができ、更なる節電が可能になります。
蓄電システムは電気を貯めて儲かる商品ではありません。
 
安心、電気の自給自足、節電、それに環境にやさしい商品としてとらえていただければと思います。
太陽光発電、蓄電池が気になる方はお気軽に弊社スタッフまでお問い合わせください。
 
                                          サニーハツデン
                            フリーダイヤル 0120-32−8210  まで
                           
 
    電気システム課  古賀


 
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

正社員募集

建設現場管理者・建築板金工及び見習工を募集しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM