某駅舎解体工事

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 08:00

 

 

    10月に入り、朝晩の寒暖差が出てくる季節になってきました。

 

    体調管理には十分気をつけたいと思います。

 

    現在、某駅舎の解体工事を担当しており、駅周辺に仮囲いを設置して、養生用

 

    外部足場の組立と建物内部の解体も並行して行っています。

 

 

    解体作業中はどうしても廃材が散乱しがちになる為、安全通路の確保・解体材

 

    の整理整頓・飛散物の養生を徹底させています。

 

 

    写真にあるように、重機を使った作業も行っているので、重機のうしろにセーフ

 

    ティーサインを取り付けて旋回範囲内立入禁止措置を行っております。

 

    また、重機1台につき1人の重機械指揮者を配置して、重機械指揮者の指示で

 

    安全確認を行っております。

 

 

    新築現場と違って解体現場というのは、より危険が潜んでいます。

 

    一つの間違いで建物の倒壊や、養生足場の倒壊など重大事故につながります

 

    潜んでいる危険を一つ一つ除去していき、安全管理・工程管理をしっかりと努め

 

    ていきます。

 

                                      建設事業部 梶原

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

正社員募集

建設現場管理者・建築板金工及び見習工を募集しております。 お気軽にお問い合わせ下さい。

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM